パールホワイトプロEXプラス公式サイト写真

パールホワイトプロEXプラス公式サイト確認ボタン

出産後に急に歯が黄ばんだ?こんな理由がアリマス

出産してから急に歯が黄ばんだような気がする...

 

妊娠前の歯は白かったのに、出産を機に歯の黄ばみが目立つようになってきた。

 

このように悩んでいる女性、実は大変多いです。

 

産後の歯の黄ばみに悩んでいる女性イラスト

授乳を始めたころから、上両一番の真中下辺りの歯が黒く着色しているのに気づいた...
今まで虫歯になったこともなく、歯を削ったりしたこともなく、100%自然歯でタバコも吸わないのに。
食生活やその他に出産前後で環境の変化は何もないのに。
今までも歯は丈夫な方で、どちらかと言うと綺麗(特別何も手入れしてない)だったのに。
なのに急に歯が黄ばみが目立ってきたような気がする...

 

このように急激な産後の歯の黄ばみに、みなさん動揺してしまうようです。

 

だからといって赤ちゃんを育てながら歯医者さんに通って治療するというのも一苦労ですよね。

 

出産と歯の黄ばみの関連性

出産と歯の黄ばみ、因果関係はありません

 

妊娠中は赤ちゃんにカルシウムをあげるためにその不足分を母体から分け与えていると言われますが、

 

出来上がった歯からカルシウムが出て行くことは全くありません

 

カルシウム不足は歯の黄ばみとは関係ないので安心してください

 

妊娠中は食生活が不規則になり、ホルモンバランスも変化してしまうので、虫歯や歯周炎になり易くなっています。

 

例えば妊娠中に歯並びが急に変化したとしたら、それは歯周炎が進行している可能性も考えられます。

 

でも産後の歯の黄ばみは別で、神経のある歯は変色しないので関係はありません。

 

それでも歯の黄ばみが強まっているとしたら、それは年齢とともに黄色みが強くなってくるから。

 

コーヒーやタバコの着色でもなく、歯の神経も生きているとしたら、黄ばみの原因は加齢によるもの。

 

その場合は歯のホワイトニングをするしかないです。

 

産後の歯の黄ばみの原因

日本人の平均的な歯の色はもともと

 

やや黄色みがかった色

 

をしています。普段は肌の色が黄色いのでそれほど目立ちませんが、白い服を着たりすると、顔が暗く歯が黄ばんで見えてしまうのです。

 

それ以外に歯が黄ばんでしまう原因はいくつかありますが、代表的な物は

 

やじるし飲食や喫煙の習慣によるもの
やじるし加齢によるもの
やじるし治療跡によるもの

飲食や喫煙による黄ばみは、歯の表層のエナメル質に汚れが付着したり、着色を引き起こします。

 

コーヒーや紅茶をよく飲む、食後に歯磨きをしない、色の濃い食べ物を多く食べる・・・などが原因。またタバコは、ヤニによる汚れが主な原因。

 

このように加齢による歯の黄ばみの多くは

 

歯の表面のエナメル質が加齢と共に薄くなり、内側の層の象牙質の色が透過される

 

ことによって、黄ばんで見えることが原因です。

 

歯のエナメル質自体の透明度も加齢と共に低下するので、歯の透明感が失われ、くすんで見えてしまいます。

 

つまり産後の歯の黄ばみの原因というのは、加齢が最も影響していると思われるのです。

 

このようになると自然に歯の黄ばみが回復することはないです。

 

産後の歯の黄ばみを自宅でホワイトニングする方法

自宅でブラッシングするだけで簡単に歯の黄ばみをホワイトニングできますから、子供を連れて歯医者さんに行く必要もありませんし、美容歯科だとめっちゃ高いホワイトニングだけで何万円もかかることはありません。

 

数日使うだけで、産後の歯の黄ばみを自宅で簡単にホワイトニングできたら...これなら赤ちゃんと一緒に記念写真をとっても大丈夫。

 

産後の歯の黄ばみをキレイにする

 

赤ちゃんとのにっこり笑顔でも産後の歯の黄ばみが気にならなくなります。

 

パールホワイトプロEXプラス公式サイト写真

パールホワイトプロEXプラス公式サイト確認ボタン

↑【追記】パールホワイトプロにはおトクな歯磨きタイプもあります↑